野口みきの『ドイツへ羽ばたく子育て』

13歳で自ら『ドイツに行きたい!』言い出し、留学している二人の子どもの子育てを、小さい頃から振り返りと今をお届けするブログです。

ドイツ語の留学書類と格闘!

無事に投函して、ホッとして書いています(笑)

 

ドイツから一時帰国している娘が持ち帰った書類。

 

それは、9月から1年間留学するギムナジウムの申請書。

ドイツですから、ドイツ語で・・

 

f:id:MikiNoguchi:20170717234957j:plain

 

 

福岡には、ドイツ連邦共和国の名誉領事があります。

まずは、渡航前にお世話になった名誉領事に電話。

そこから、ドイツ大使館ドイツ総領事

そして、外務省。

 

普段は、かけることもない場所に電話して

丁寧に教えてもらいました。

最後は、ドイツ語学校の校長に訳してもらい

なんとか完成!

 

本当に、おかげさまで、感謝です。

福岡から、ドイツまで

国際郵便ESMで一週間弱かかります。

 

7月12日に帰国して、

7月25日がドイツの提出期限ということで、

時間もなく、揃った書類から提出しました。

 

期限、大切ですから。

 

これから

英語に翻訳したり、公証したりと

正式に手続きをしていきます。

 

子どもの成長のステージに合わせ

親も成長しなければと実感した数日でした

 

★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★
世界に羽ばたく子育てができたのは、宇宙教育に出会っていたから。【無料】のメールマガジンで紹介しています。

「やりぬいて夢をかなえる」宇宙飛行士や宇宙開発チームが実践!

www.reservestock.jp