野口みきの『ドイツへ羽ばたく子育て』

13歳で自ら『ドイツに行きたい!』言い出し、留学している二人の子どもの子育てを、小さい頃から振り返りと今をお届けするブログです。

バイエルンの森から

娘のホームステイ先は、オーストリアの国境に近いバイエルン州にあります。

 

ドイツの皆さんは、休みの日にいかに過ごすか?をとても大切にしています。

 

この日は、ホストファミリーとともに、バイエルンの森を訪れたそうです。

f:id:MikiNoguchi:20170705124536j:plain

 

絶景ですね。

f:id:MikiNoguchi:20170705124610j:plain

地球の神秘と、これを守ることの大切さを感じます。

卵をイメージして作られた展望台だそうです。

f:id:MikiNoguchi:20170705124714j:plain

楽しそうな娘です。

 

★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★

世界に羽ばたく子育てができたのは、宇宙教育に出会っていたから。【無料】のメールマガジンで紹介しています。
「やりぬいて夢をかなえる」宇宙飛行士や宇宙開発チームが実践!

 

 

 

娘との会話は毎日

ドイツに留学中の娘とのやりとりには、

お互いのMacbookiphoneを使い

文章の連絡用にメッセンジャー

動画ツールではZOOMで話しています。

 

無料で、すぐつながり、普通に会話できる

7時間という時差だけ、合わせることができれば

離れていても親子コミュニケーションは毎日とれる

便利な時代です。

 

ZOOMで、私の出張先の東京のホテルと

バイエルン州ヒントベルクの娘の部屋を結んでお話中。

お互いの顔が見えると安心!

 

f:id:MikiNoguchi:20170526125137p:plain

 

⭐️〜〜〜〜〜⭐️〜〜〜〜〜⭐️〜〜〜〜〜⭐️〜〜〜〜〜⭐️

 

福岡でのドイツ語・英語・日本語

学びたい方はリタースクール・朝日日本語へ

http://www.ritter-school.jp

ドイツ・バイエルン州で癒されながらドイツ語・英語が学べる語学学校

http://www.oubeibc.com/single-post/2016/10/27/tour

 

ドイツ語と宇宙サイエンスを学ぼう! 

www.ritter-school.jp

ドイツへの扉が開かれた日

2013年の5月26日

 

私も、息子も、娘も

かなり、ドキドキで鳥栖市役所を訪れました。

 

中学1年生の息子が申し込んでいた、

ドイツのツアィツ市との交換留学が決定して

はじめての説明会。

 

もちろん、13歳になって5日目の息子が最年少。

 

夏休みに息子は16日間、ドイツにホームステイ

そして、来年の夏は、我が家にドイツのお子さんを迎える

 

〜ドイツへの未知を拓く〜

息子が書いた作文のタイトルの通り

 

親子三人なら、なんとかなる!

みんなで支え合いお兄ちゃんを送り出そう

13年目の仲良し親子の大きな決断でした。

 

f:id:MikiNoguchi:20170526123410j:plain

 

 

 

日本〜ドイツ 未知を拓く

はじめまして、野口みきです。

 

現在高校2年生と中学3年生の子育てと

宇宙を子どもたちに教える仕事をする母。

 

私たちの家族は2013年から

ドイツとの交流をしています。

 

ホームステイ、交換留学、留学、インターンシップ、語学学校での活動

 

ドイツと日本の交流の様子と広がりを

過去の経験を振り返りながら、そして広がり続ける今を

ご紹介します。

 

f:id:MikiNoguchi:20170526115933j:plain