野口みきの『ドイツへ羽ばたく子育て』

13歳で自ら『ドイツに行きたい!』言い出し、留学している二人の子どもの子育てを、小さい頃から振り返りと今をお届けするブログです。

ドイツ語の留学書類と格闘!

無事に投函して、ホッとして書いています(笑)

 

ドイツから一時帰国している娘が持ち帰った書類。

 

それは、9月から1年間留学するギムナジウムの申請書。

ドイツですから、ドイツ語で・・

 

f:id:MikiNoguchi:20170717234957j:plain

 

 

福岡には、ドイツ連邦共和国の名誉領事があります。

まずは、渡航前にお世話になった名誉領事に電話。

そこから、ドイツ大使館ドイツ総領事

そして、外務省。

 

普段は、かけることもない場所に電話して

丁寧に教えてもらいました。

最後は、ドイツ語学校の校長に訳してもらい

なんとか完成!

 

本当に、おかげさまで、感謝です。

福岡から、ドイツまで

国際郵便ESMで一週間弱かかります。

 

7月12日に帰国して、

7月25日がドイツの提出期限ということで、

時間もなく、揃った書類から提出しました。

 

期限、大切ですから。

 

これから

英語に翻訳したり、公証したりと

正式に手続きをしていきます。

 

子どもの成長のステージに合わせ

親も成長しなければと実感した数日でした

 

★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★
世界に羽ばたく子育てができたのは、宇宙教育に出会っていたから。【無料】のメールマガジンで紹介しています。

「やりぬいて夢をかなえる」宇宙飛行士や宇宙開発チームが実践!

www.reservestock.jp

 

 

 

 

 

一時帰国

2ヶ月の、ドイツ🇩🇪語学留学が終わり、

無事に、娘が一時帰国しました。

 

🇩🇪ミュンヘン✈️

🇫🇮フィンランド✈️

福岡空港

f:id:MikiNoguchi:20170714112010j:plain

 

乗り換えも含めて

14時間ほどの空の旅。

荷物のパッキンをしていた頃は、

「一人で帰るとドキドキ」

と言っていました。

 

でも、行動しはじめると

本人から、ミュンヘンフィンランドから、ちゃんとメッセージをくれて、

写真が送られてきたりします。

待っている親も安心。

 

娘が6歳の頃、

はじめて小学校に列車で通いはじめた時、

帰ってくるまで私の方がドキドキでした。

 

それから、9年。

15歳になると、

🇩🇪ドイツからでもちゃんと

一人で帰ってくる。

 

送迎は、

羽ばたく子どもを見送ったり、

迎えたりする大切な時だと、

あらためて思いました。

 

f:id:MikiNoguchi:20170714112045j:plain

 

★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★
世界に羽ばたく子育てができたのは、宇宙教育に出会っていたから。
【無料】のメールマガジンで紹介しています。

 

「やりぬいて夢をかなえる」宇宙飛行士や宇宙開発チームが実践!

 

小1からのヤングアメリカンズ

英語で話せるって楽しい!

子どもたちが、小学校の頃から実感していたのは、ヤングアメリカンズのおかげです。

http://jibunmirai.com/ya/2017sm/

 

初参加は、息子が小1の世田谷ワークショップ。次の年、年長の娘は、小1と年をごまかして参加(笑)ヤングアメリカンズは2年前に日本開催10周年でしたから、10年来、楽しみにしているワークショップです。

 

中1の後半、娘は不登校になり、学校からも一日でも早く登校した方が良いと言われ、私も先生の言葉に従おうとしていた時には、「もう死にたい」と言ったこともありました。学校が合わないんですね。その日を最後に、私は娘に「学校に行こう」と無理は言いませんでした。学校から何を言われても、私が守る。

 

でも、娘は、学ぶこと、みんなで何かをすることは大好き。ヤングアメリカンズにいくと、娘の生き生きした姿がありました。

f:id:MikiNoguchi:20170705153452j:plain

f:id:MikiNoguchi:20170705153545j:plain

 

世界は広い、自分に合う、好きだ、楽しいと思える場所で、やりたいことに邁進するのが一番。

 

ヤングアメリカンズの皆さんは、世界の子ども達に教えながら、自らも夢を追いかけ続ける、素晴らしい若者たちです。

f:id:MikiNoguchi:20170705153651j:plain

 

f:id:MikiNoguchi:20170705153919j:plain

 

f:id:MikiNoguchi:20170705154004j:plain

 
★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★
世界に羽ばたく子育てができたのは、宇宙教育に出会っていたから。【無料】のメールマガジンで紹介しています。

 

「やりぬいて夢をかなえる」宇宙飛行士や宇宙開発チームが実践!

 

 

親だって行動

f:id:MikiNoguchi:20170705150657j:plain

 

人を育てるときに大切なのは、

自分も常に成長し続けることだと思います。

 

ドイツへの扉を開いたのは子どもたち。

開かれたからには、親のわたしも多い

役にたてます❗️

 

この日は、ドイツ語学校のインターナショナルパーティーに参加しました。

f:id:MikiNoguchi:20170705150813j:plain

ドイツ、オランダ、アメリカ、台湾、日本

福岡の学校に留学している学生さんが、大集合。

 

国際交流するために、海外へ行かなきゃと思うのは当然ですが、近場にもチャンスはある。

 

私は、オランダ🇳🇱の学生さんと直接お話をしたのは初めて。オランダで人気の留学先は、長崎の医学部だそうです。

鎖国時代の出島の影響ですね。面白いなと思いました。

f:id:MikiNoguchi:20170705150903j:plain

食べ放題、飲み放題のお店で、

ホントによく食べ、よく飲み、よく話しました。

 

★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★
世界に羽ばたく子育てができたのは、宇宙教育に出会っていたから。【無料】のメールマガジンで紹介しています。
「やりぬいて夢をかなえる」宇宙飛行士や宇宙開発チームが実践!

ドイツ語の勉強中

今回の二ヶ月の留学の大きな目的は、3つ。

 

①ドイツ語のレベルアップ

②Gymnasium探し

③ほんとにドイツで暮せるのか

 

現在、中学3年の娘は、

小5の時に兄がドイツに交換留学し、

小6でドイツの子を我が家に迎え、

中1で自分がドイツに交換留学

中2で再びドイツの子を我が家に迎え

中2の年末年始に、家族でドイツのホストファミリーの家にいきました。

 

行ったり来たりですから、

やはりドイツに住み、ドイツの学校に通いたくなった。

日本の中学は、中1の後半から不登校

その間、独学で英語を、ドイツに行くと決めた中2の冬からは、ドイツ語をがんばっています。

f:id:MikiNoguchi:20170705143016j:plain

親として、思い切った選択だなと思いますが、本人が決めたこと。決めたことには、邁進する娘です。人生は一度きりなので、応援しサポートします。

 

住んで、学校に通うからには、ドイツ語はできて当たり前。英語は使えると楽。

 

ホームステイ先の友人にドイツ語のマンガをかりたり、猫に占領されたりしながら、がんばっているみたい。

f:id:MikiNoguchi:20170705143058j:plain

f:id:MikiNoguchi:20170705143133j:plain

 

私も、一応、ドイツ語を教わっているのですが、かなり、先行されてます(笑)

 

②③は、全く問題なく、クリアです。

 

★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★
世界に羽ばたく子育てができたのは、宇宙教育に出会っていたから。【無料】のメールマガジンで紹介しています。
「やりぬいて夢をかなえる」宇宙飛行士や宇宙開発チームが実践!

 

ドイツ風、きんぴらゴボウ?

料理すること、食べること

 

これを一緒にすると

言葉や文化が違っても、お互いがとても仲良くなり信頼できます。

 

娘の先生は、料理上手。

だから、料理のお手伝いも楽しみのようです。

f:id:MikiNoguchi:20170705135939p:plain

この料理、きんぴらゴボウにみえます❗️

でも、ゴボウではないらしい。

 

娘が調べたところ、西洋ゴボウ

らしいです。向いたら手がベタベタになるそうで、やまいも、里芋に近いのかもしれませんね。

 

f:id:MikiNoguchi:20170705140002p:plain

 

こんな感じで、親子会話しています。

離れていても、安心できるひとときです。

 

★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★
世界に羽ばたく子育てができたのは、宇宙教育に出会っていたから。【無料】のメールマガジンで紹介しています。
「やりぬいて夢をかなえる」宇宙飛行士や宇宙開発チームが実践!

ヒントベルクの森の散歩

自然と動物とともに暮らす

 

娘のホームステイ先には、犬が2匹、猫が4匹、離れた場所に馬がいます。

f:id:MikiNoguchi:20170705132324j:plain

ペット達が楽しみにしているのは毎日の散歩。私が娘を送るために、滞在した時も、毎日かかさず、散歩で森へいきました。

f:id:MikiNoguchi:20170705132438j:plain

住宅地から一歩離れると、まるでサンドオブミュージックのような世界が広がっています。

f:id:MikiNoguchi:20170705132526j:plain

おとなしい猫や年を年をとった犬は自由に、

若者の犬だけは、長〜い散歩ひもをつけて、

自由気ままに森を歩く。

f:id:MikiNoguchi:20170705132612j:plain

鳥のさえずり、葉っぱが風に揺れる音、

小川の流れ。心地よい。

 

都会では、忘れられている

自然魂を感じる散歩です。

 

娘はカビとダニのアレルギーで、ペットを飼ったことはなかったのですが、すっかり

ペットと共存しています。

f:id:MikiNoguchi:20170705132744j:plain

 

★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★〜〜〜★

世界に羽ばたく子育てができたのは、宇宙教育に出会っていたから。【無料】のメールマガジンで紹介しています。
「やりぬいて夢をかなえる」宇宙飛行士や宇宙開発チームが実践!